1900年01月12日

終了:2009 Spring エイトリアンカップ(第12回エイトリアンカップ)

イベントは無事終了しました。

エイトリアンカップ2009Spring リザルト

 ご協賛各社(順不同)

CB365
横浜ゴム
 

 ご協賛、ご出展企業各社様を常時募集しています。

 ご希望の企業ご担当者様、お気軽にこちらよりお問い合わせください
 


■イベント名称 エイトリアンカップ2009 Spring
■イベント主催 レーシングチーム エイトリアン(RTE)
イベントに関してご質問・ご意見等がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせくださいm(_ _)m
■開催日時
(暫定タイスケ)

2009年02月01日(日) 13:00〜16:00

 10:00〜10:30 受付@Cパドックを予定
 10:45〜11:30 ドライバーズ・ミーティング(@VIPルーム)
 11:30〜11:45 ビギナークラス向け特別ドラミ

 12:00〜12:30 CパドからAパドックに移動

 13:00〜16:00 走行

 16:15〜16:30 表彰式
 16:30〜17:00 ジャンケン大会
 17:00〜17:15 記念撮影
 17:15     解散

■2009年の開催予定

2009年02月01日(日) 第1戦
 エイトリアンカップ2009 Spring

2009年08月02日(日) 第2戦
 第3回エイト祭!&エイトリアンカップ2009Summer

2009年12月21日(日) 第3戦
 エイトリアンカップ2009Winter

■開催場所 筑波サーキット本コース (TC2000)
常磐道 谷和原IC降りて一般道30〜45分
〒304-0824 茨城県下妻市村岡乙159
TEL 0296-44-3146
■募集台数・走行時間

■走行会クラス(募集2クラス46台)
ベストラップ別に、走行枠を2つに分けます(自己申告)。
※クラス分けの基準は1分10秒が目安です。
 1枠の走行台数は23台を上限とします
 1枠の走行 20分×3

フリー走行形式で、後述する定める参加クラス別表彰を実施します。
タイム計測を行い、個人別のLAPタイムシートを、3枠分配布します(LAPタイム・セクタータイムが記載)

 なお、初心者の方であっても走行会クラスへのエントリーについてはまったく問題ありません。走行会クラスでサーキットデビューも大歓迎です。

 ビギナークラスと走行会クラスとの違いは、ビギナークラスはサーキット走行に不安な方向けの注意点がいくつかある点に加え、走行会クラスの方がより多く走れること、表彰の対象となるといった点です。

 なお、ビギナークラス向けに実施する座学については、走行会クラスの方でも時間がある方が参加いただいてもかまいません。

■レースクラス(RX-8GrandPrix)(募集15台)
 予選1回実施し、良いタイム順にグリッドスタートとなります。 車両改造度に応じ、GP-1/GP-2クラスと2クラス混走で12周の決勝レースを実施します。

 RX-8GPはあくまでレースを楽しむという趣旨で実施する、大人のレースです。レースでの勝利よりもマナーを大切にできる方の参加をお待ちいたしております。

 強引な パッシングやインを詰める等の危険行為を含む、マナー違反と判断される行為を禁止とします。

 マナー違反があった方は、次回以降の参加をお断りする場合もあります。詳細はレギュレーションの項目をご参照ください。

■ビギナークラス(募集25台)
 サーキット経験が5回未満程度のビギナー方を対象とした、サーキット走行練習会クラスです。サーキット走行が5回以上あっても、走行に不安を感じる方であれば、どなたでも参加可能です。

 タイムの目安としては、未経験〜1分16秒程度の方を想定しています。それ以上速い方は、走行会クラスへどうぞ。

 ペースカーが1周先導してラインや走行方法などを示しながら走行し、そのあとフリー走行12分と、ペースカー先導なしのフリー走行15分の走行となります。

 当日、通常のドライバーズ・ミーティングの後にビギナークラスには座学による「安全なサーキット走行の基本」講座を実施します。

 重ねて記しますが、ビギナークラスはサーキット走行が怖いと思っていらっしゃる方向けのクラスです。煽りや強引なパッシングは厳禁でお願いします。

 ビギナークラス向け特別ルール
 (1)DSCのOFFは禁止とします(非装備グレードを除く)。
 ※DSCをOFFにして走行できるレベルの方は、走行会クラスにご参加願います。

 (2)後ろから速いクルマが来ても、道を譲る必要はありません
 ※初心者の方は、普通の走行会だと後ろを気にして譲ってばかりになるか、前ばかり見ていて後ろからクルマが来ているのに気づかず、渋滞発生のどちらかになりがちです。

 せっかくのサーキット走行なのに、譲ってばかりでは楽しめませんし、後ろをまったく見る余裕の無い方が、渋滞を発生させてしまうことを気にして参加を断念するのももったいないです。

 そこで、ビギナークラスに限り、どれだけ後ろが詰まっても、道を譲る必要はないというルールを設けました。「自分はビギナーだから」と開き直りの精神が肝要なクラスとなります:-)
 ※もちろん自分がクーリングや不調だった場合等、譲りたい時はいつでも譲っていただいてかまいません。
 ※譲らなくて良いからといって、ラインをブロックして良いという意味ではありません。今後、走行会クラスへのステップアップのためにも、自分が全開走行じゃない場合は、後ろに道を譲れるくらいの余裕を学んでください。

 ビギナークラスの趣旨にご賛同いただけない方の参加は、ご遠慮ください。

 ビギナークラスであっても、タイム測定は実施致します。

■レギュレーション エイトリアンカップでは、クラスを問わず牽引フックの装着を強く推奨します。社外エアロで装着不可な場合を除き、フロントは必須とします。リアも可能なかぎり装着してください。牽引フック未装着の場合、コースアウト時に牽引場所をタワーバー等にせざるを得なく、最悪エアロやパーツ破損の可能性があることをご容赦ください。

■走行会クラス


エイトリアンカップでは、参加者のスキル向上を目的として参加車両別の表彰を行っています。あくまでお楽しみ要素として考えておりますので、厳密な車検等は行いません。

(1)Openクラス
 Sタイヤ・過給器
 改造度一切不問
       
(2)Expertクラス
 自己ベストタイム 1分9秒500以下の方限定クラス
 ※ベストタイムが1分9秒500以下の方は必ずこのクラスに申し込まなければならないというわけではありません
  ただし、1分8秒台を普通に出せる様な方は、できるだけExpertクラスへのエントリーをお願いします

 Sタイヤ不可・過給器不可
 過給器以外の改造度一切不問。ただしナンバー付き&車検適合
       
(3)Moreクラス
 Sタイヤ不可・過給器不可
 過給器以外の改造度一切不問。ただしナンバー付き&車検適合
       
(4)Lightクラス
 Sタイヤ不可・過給器不可
 以下のi)とii)のどちらも満たす車両限定
 i)サスペンションを車高調整/減衰力調整タイプに交換していない
 ii)以下のパーツを純正から変更していない
 コンピュータ/エアクリボックス/エキマニ/触媒
 ※ただしコンピュータはリミッターカットのみ特例として可とする
       
(5)ATクラス
 AT車両の方限定クラス
 Sタイヤ不可・過給器不可
 過給器以外の改造度一切不問。ただしナンバー付き&車検適合
       
(6)STDクラス
 STDグレードの方限定クラス
 Sタイヤ不可・過給器不可
 過給器以外の改造度一切不問。ただしナンバー付き&車検適合

■レースクラス(RX-8GrandPrix)
 Sタイヤ不可・過給器不可
 (1)耐火性スーツの装着義務
 (2)4点シートベルト装着を限りなく強く推奨


 <レースマナーについて>
 RX-8GPは、マナーを第一優先とするレースです。
 以下のルールを厳守とします。
 (1)お互いに挨拶を交わし、参加者同士敬意を払う
 (2)走行妨害・接触はご法度
   ※前走車が原則優先です。ただし、後方車両の車体の一部でも前走車の横に入っている場合、前走車は1台分イン側を空けてください。逆にコーナーに入ってから、後方車両による強引にインに割り込む行為は禁止です。
   ※フェアなレースの駆け引きは当然ながら認められます。
 (3)勝利より接触回避・マナー・ルールを守った走行を優先

 <レースマナー違反ペナルティ>
 RX-8GPはマナー違反行為を一切認めません。マナー違反があった場合には、以下のペナルティを課します。ただしペナルティを課すためのルールではありませんので、違反行為の発生都度協議の上決定します。

 (1)接触ペナルティ
 接触事故があった場合、双方共に順位降格またはノーポイントとする(出走ポイントは残る)。
 (2)フラッグ無視
 予選の場合は最後尾スタートまたは順位降格、決勝の場合は、周回数減または決勝タイム加算とする。
 (3)その他危険行為
 走行妨害を含む前掲2点以外の危険行為があった場合には、それぞれの危険度に応じたペナルティを課す。

 ◆GP-1クラス(Moreクラス車両相当)
 過給器以外の改造度一切不問。ただしナンバー付き&車検適合
 タイヤ/ホイールサイズ・銘柄自由

 ◆GP-2クラス(Lightクラス車両相当)
 以下のi)とii)のどちらも満たす車両
 またはRX-8パーティレース(NR-A)車両(クラブマンパックサスペンション変更車両も含む)
 タイヤ/ホイールサイズ・銘柄自由

 i)サスペンションを車高調整/減衰力調整タイプに交換していない
 ii)以下のパーツを純正から変更していない
 コンピュータ/エアクリボックス/エキマニ/触媒
 ※ただしコンピュータはリミッターカットのみ特例として可とする

 RX-8GrandPrixはシリーズ戦です。出走ポイント1ポイントに下記順位ポイントが付与されます。シリーズ3戦中、順位の良い2戦分を有効とします。
 1位:25P 2位:20P 3位:18P 4位:16P 5位:14P 6位:12P
 7位:10P 8位:9P 10位:7P
 12月の最終戦終了時のポイントで、GP-1/2それぞれ上位3名を表彰します。同ポイントの場合、最終戦の順位によって決定します。

 13分の予選を走行し、ベストラップ順にグリッドを決めます。決勝は12周。フォーメーションラップは実施せず、コースインし、慣熟走行1〜2周を実施し(当日の気温次第で指示します)、グリッドに付きます。それから走行1分前のパネル提示、30秒前、コントロールタワーで5秒前パネル、シグナル赤点灯→消灯でスタートとなります。

■ビギナークラス
 ビギナークラスの方は、車検適合車両であれば特にレギュレーションはありません。過去の例ですと、ノーマル車両で参加される方がほとんどです。

 ただし、事前の通常走行に問題ない程度のメンテナンスは必ずしておいてください。
■参加料金 ■走行会クラス
21,500円+保険代500円 総額 22,000円

※タイム計測費・タイム結果プリントアウト費込み
※昼食・弁当代は含みませんので、各自準備願います

■レースクラス(RX-8GrandPrix)
33,000円+保険代500円 総額 33,500円
※タイム計測費・タイム結果プリントアウト費込み
※昼食・弁当代は含みませんので、各自準備願います

■ビギナークラス
16,000円+保険代500円 総額 16,500円
※タイム計測費・タイム結果プリントアウト費込み
※昼食・弁当代は含みませんので、各自準備願います

■ギャラリー・見学
<入場無料>

パドック内に駐車はできませんので、サーキット正門左手にあります噴水脇駐車場をご利用ください。
ドライバーの同行者ももちろん無料です。

当日は、パドック内の多目的ルームが開放されていますので、エアコンの効いた部屋でおくつろぎいただくのも可能ですし、1コーナー寄りのピット上からホームストレートを見学できます。
■参加資格 (1)マツダ RX-8で走行可能な方
(2)普通免許所持者
  サーキットライセンス及びモータースポーツライセンス不要
(3)パソコンでメールを送受信できる環境のある方
 ※走行会資料等をPDFファイルで送信する場合に受信できないため。ご理解をお願いします。
■申込方法・受付状況 下記メールフォームから全項目ご記入の上、お申し込みをお願いします。

 yajirusi.gif申し込みフォーム
1/12 0:00(1/11日曜日の深夜)より申し込みを開始します。それ以前のお申し込みは無効となりますのでご注意ください。届いたタイムスタンプで判断します。

 yajirusi.gif申込受付状況(PDF)
■準備物 ※サーキット初心者の方は、主催者か周りの経験者に走行会に参加する服装・準備物等を確認してください。

<服装関係>
・長袖&長ズボン→肌の露出がない服装でお願いします。レーシングスーツである必要はありません。
・動きやすい靴→スニーカー等。レーシングシューズであればもちろんGood!
・ヘルメット→フルフェイスを推奨。半キャップは不可。
・グローブ→軍手不可。指先まで全部隠れるもの。

<走行準備に必要なアイテム>
・牽引フック
→車載されているフックでOKです
・ガムテープ→ゼッケンや計測器の取り付けで使用します。
・ビニールテープ→ガラス材質のヘッドライトへの散乱   防止のテーピングをします。 テーピングは、ガラス部のみで、樹脂部 (ヘッドライト、テールランプ等)は不要です。
・筆記用具
・エアゲージ(安物でもかまいません) →走行前に空気圧のチェックは必須です。

その他、工具等はあった方が良いです。

※オイル交換、タイヤの溝確認等、車両の点検は事前に必ずチェック願います。
posted by RTE at 00:00 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする